【クローゼット】ミニマリストの収納方法

こんにちはpuchiです。今回はクローゼットや衣装ケースを使いやすく収納することの大切さとその収納方法について書いていきますね。

ミニマリストのクローゼットは便利で機能的なだけでなく、物が少ないから見た目もキレイ!

そして、使いやすい収納にすると、毎日の着替えがスムーズになります。

時間に追われてあたふたすることがなくなりますよ。

それではまず、クローゼットの中のいらないものを処分しておきましょう。

▼断捨離することのメリットや方法についてこちらの記事で書いています

この記事はこんな方におすすめ
  • クローゼットを整理したい
  • 朝の支度に時間がかかる
  • 部屋が狭くて物を置けない、窮屈に感じる

使いやすいハンガーを揃える

おしゃれな人のハンガーはよく「1種類に揃えて使うと統一感が出てスッキリ見える」と聞きませんか。

でも、私はハンガーの種類を3種類にしています。

服の形や柔らかさは一枚一枚違うのでその服に合ったハンガーを使うのが”使いやすいハンガー”と言えると思うんです。

例えば、Tシャツなどは肩の部分の型崩れを考えると丸く角がないハンガーがいいと思いますが、ジャケットなど肩がカチッとしたものにはなで肩になっているハンガーは逆に型崩れしてしまいます。

このように、服によって合うハンガーは異なるんです。

種類がバラバラだと統一感が出なくてキレイに見えないのでは?と思われますが、3種類くらいであれば、色や素材を揃えると統一感が出てスッキリ見えますよ。

使いやすいハンガーとは?

それでは、使いやすいハンガーとはどんな物か紹介しますね。

使いやすいハンガー
  • 服をかけてもずり落ちない加工がされているもの
  • 肩の部分が型崩れしにくいもの
  • キャミソールがかけられるようになっているもの
  • パンツなどボトムスがかけられるもの

これらの機能があると便利に使えますよ。

自分の服に合ったハンガーを見つけてみてください。

お気に入りが見つかったら、まとめて購入すると思いますが、ひとつ注意することがあります。

それは、自分が持っている服の数に合わせて購入するということです。

服の数を気にせず、セット売りしているハンガーをまとめて購入してしまうと服が増えていく可能性があります。

そうすると、またクローゼットが使いづらくなってしまいます。

適当な本数を買うのではなく服の数を確認してから購入するようにしましょう。

こちらの【MAWAハンガー/マワハンガー】|Hinata Life は種類が豊富です。

通常よく使われるなで肩のハンガーは10本セットですが、スラックスやスカート用は単品や2本セットで購入可能です。

必要な本数だけ購入できて助かります。

色はベーシックなホワイトとブラックの2種類でインテリアの邪魔をしないのも嬉しい。

ずり落ちにくい加工がされているのでスルッと落ちる心配もないんです。

クローゼットの中に掛けて収納する服

インナー下着類以外の服

それでは、クローゼットの中の収納方法を紹介していきます。

ミニマリストのクローゼットは服が少ないので衣替えの必要がありません。

そのため、クローゼットの中は1年分の服が入っています。

そして、私はインナー以外はだいたいかけて収納しています。

ここで、服をかけて収納するメリットを2つ紹介しましょう。

1つはクローゼットを開けると何が入っているかすぐにわかるのでコーディネートもすぐに決まり着替えがスムーズです。

朝の忙しい時間にコーデに悩むこともありません^^

そして、かけて収納するもう一つのメリットは洗濯の後、そのままクローゼットにしまうだけなので楽ちん!

でも、トレーナーやニットなどは専用のハンガーを使って早く乾かすようにしているため、外してクローゼット用のハンガーにかけなおして収納します。

トレーナーを早く乾かすハンガーについてはこちらの記事で紹介しています。

家事は少ない方が気持ちも身体も楽になります。

できるだけ服はかけて収納してほしいですね。

それから、シワになりやすい服は必ずかけて収納しましょう。

アイロンの手間が省けます。

アイロンがけがめんどくさい、嫌いという人はアイロンがけをしなくて済む方法がありますよ。

▼こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

色をわけて収納する

かけて収納する場合、同系色でまとめてグラデーションになるように収納しましょう

そうすると見た目もきれいで気持ちがいいですよ。

また、ボトムスはボトムス用のハンガーを使うと、かけたときに服の高さが変わってきます。

見た目がガタガタして見えるのでボトムスはボトムスで分けて収納します。

ニットやトレーナーのハンガー収納

ニットやトレーナーは普通にハンガーにかけると重さで伸びしまい、型崩れします。

でも、ニットやトレーナーも型崩れしないハンガー収納の仕方があるんです。

脇の部分にハンガーを当てて折りたたむことで型崩れを防ぎます。

この方法で収納すると肩の部分が伸びて型崩れすることはありません。

こちらの動画を参考にしてみてくださいね。

衣装ケースにたたんで収納する服

インナー

私が衣装ケースに収納する服はインナーです。

インナーといっても、私は寒がりなので冬は肌着の上に薄手のタートルネックニットを着てさらにカーディガンやニット、スウェットを重ね着します。

そのため、薄手のタートルネックセーターは私にとってはインナーなんですw

というわけで、肌着とTシャツとタートルネックセーターを衣装ケースに収納しています。

インナー収納アイテム like-it

【like-it/ライクイット】Tシャツケース

インナーを収納するとき、気を付けたい点は写真のように服を立てて収納すること

このTシャツケースはプラスチックでしっかりしています。

布製の物にくらべてきちんと立てて収納できるところがポイント。

種類は他にランジェリーケースとソックスケースがあり、並べて使うととってもきれいに整理できますよ。

インナー収納アイテム 無印良品

私が使っている仕切りケースは無印良品です。

無印良品は布製の仕切りケースですが、衣装ケースの中での融通が利くのでそこは便利に使えていますね。

使いやすい収納とは、引き出しを開けてすぐに何が入っているかわかる収納です。

たたんで上に乗せてしまうと下にしまってあるものが目に入ってきません。

そのため、「どこにあったっけ?」と探す手間がかかってしまいます。

そうすると、時間がどんどん過ぎていってあたふたすることになります。

かけて収納するものも、引き出しに収納するものも、パッと一目でわかるような収納にするとスムーズに一日が始められて気持ちがいいですよ。

他にも、立てて収納する便利なアイテムがあるので参考にしてみてください。

パジャマ、シーツ、タオルケット、クッションカバー、タオルのストックなど

パジャマやルームウエア

他に衣装ケースに収納する服は春物から冬物までのパジャマです。

さらに、私は寒がりなのでモコモコのルームウエアも収納しています。

かさばるので困っていますが、私は寒いのが嫌いなので必須ですw

ここで余談ですw

私は今後悔しています。

家を建てる時にちゃんと考えていればよかったと…。

そうすれば、絶対1階にファミリークローゼットを作っていましたね。

ファミクロにお風呂場で使う下着やパジャマを収納して便利に使いたかったです。

残念ながらライフハックに目覚めたのは病気になってからでして…。

仕方がなく2階のクローゼットにしまっています。

ちなみに、ファミリークローゼットの利便性についてはこちらの記事で書いています。

これから家を建てたり、リノベーションする方はぜひ間取りを細かく検討してくださいね。

効率的な間取りにするためのヒントにしていただければと思います。

季節ものやファブリック系

あと衣装ケースにしまっているのはシーツやタオルケットの季節ものです。

クッションカバーなどファブリック系もここににしまいます。

また、タオルのストックもこの中にしまっていますよ。

以前は、これらは収納袋に入れて収納していましたが、これがまためんどくさい!

季節ものはしょっちゅう出し入れするものではないけれど、いざ出そうとするときにすぐに出せないのはやっぱりめんどくさいです。

そこで、わたしはクローゼット収納の見直しをして、衣装ケースの引き出しにしまうことにしました。

下着や靴下が入っていた引き出しを空にして、一番下の引き出しにシーツやクッションカバーなどを収納することにしました。

そしたらとっても楽ちん!

下着や靴下はどこに行ったかというと、次のセクションで書きますね!

下着や靴下類の収納

私は下着類はクローゼットに直接下着専用の収納ケースを置いて収納しています。

以前は衣装ケースの中に仕切りを別に用意して下着を収納していました。

でも、私の衣装ケースは引き出しが深いので、下着や靴下のような細かいものを収納すると引き出しの上部に無駄なスペースができてしまうんです。

スペースの無駄遣いに気づき、下着は別に下着ケースを用意して収納することにしました。

上蓋が開く仕組みなので出し入れしやすくとても便利。

現在、私が使っているのはこのタイプです。

クローゼットの収納は定期的に見直しをする

実は、ウチのクローゼット使い勝手が悪いんですよね。

こだわりを持って建てた家であればクローゼットも使いやすく設計されているかと思いますが、私は家を建てたときは使いやすさなど全く興味がありませんでした。

だからとっても使いづらいクローゼットなんですw

なにが使いづらいかというと、私のクローゼットは押し入れみたいに上下が別れているんです。

そのため、丈の長いワンピースやロングコートはかけられないので娘のクローゼットに間借りしていますw

このように変えようがないものは仕方がないですが、収納はアイデア次第で使いやすい便利なものに変わります。

クローゼットだけではなく、家の中すべての収納において定期的に見直しをすることが大切です。

実例!私のクローゼット

それでは、今の私のクローゼットに何が収納されているか紹介しますね。

ちなみに、このクローゼットはわたし一人のクローゼットです。

ウチは家族それぞれ一つずつクローゼットがあります。

自分で自分のクローゼットを管理してもらっているんです。

余談ですが、うちのD様一人暮らしが長かったもので、自分のことは自分でやる癖がついてるんです!

なので、結婚してから洗濯、部屋の掃除、服の管理は全くノータッチ。

とってもありがたいことなので、D様のお世話が大変な方は自分でやる癖をつけてあげるとみなさんの時間が増えていいかもしれません^^

そして娘ですが、部屋の掃除は自分でやってもらって、洗濯は私がしています。

クローゼット下段

まず、クローゼットの下段です。

左側は引き出しが6個ついている衣装ケース

右側は3つのカラーボックスを置いています。

このカラーボックスは本棚として使っています。

趣味でコレクションしている本がたくさん入っています。

台車の上にカラーボックスを乗せて移動しながら使えるようにしました。

本ってすごく重いんです。

キャスターを取り付けただけでは強度に問題があったため、無印良品の台車に乗せて使っています。

クローゼットに本棚を入れた理由はホコリが付かないことと、部屋が広くなるから。

同じように引き出して使うクローゼット用の本棚があります。

でも私は自分好みでサイズが合うものが見つからなかったのでカラボと台車で自分仕様にしています。

クローゼット上段

上段には1年分の服をかけて収納しています。

棚の上に置いてあるグレーのケースが下着ケースです。

そしてその奥に布団収納袋と防虫剤のストックを置いています。

棚の上が黒いのは、炭が配合された押し入れシートを敷いているからです。

これを敷くことで消臭効果が発揮され、押し入れ独特のイヤな匂いがしなくなるんですよ。

このように、私のクローゼットはシンプルで一目瞭然。

このほかにロングコートとワンピースがありますが、かけられないので娘のクローゼットにしまっていますw

フォーマルも一緒にかかっているので多く見えますが、大体全部で20着くらいですね。

ちなみに、私のパーソナルカラーは”サマー”なので寒色系の服だらけですw

ミニマリストが持っていると便利な服やおしゃれなミニマリストの服選びについて▼こちらの記事で書いています。

参考にしてみてください^^

物を減らしてクローゼットを有効活用

最小限の物で生活するミニマリストのクローゼットは服が少ないので服以外の物も収納できてしまいます。

これはとても意味のあることなんです。

本は部屋に収納すると部屋を狭くしますが、クローゼットや押し入れの中に収納することで広々とした部屋で快適な生活が送れるようになります。

そのため、クローゼットの収納を見直して便利に使うことは生活を豊かにすることにつながるんです。

【クローゼット】ミニマリストの収納方法 まとめ

今回はミニマリストのクローゼット収納について書いてみました。

使いやすくきれいに収納することで毎日の着替えがスムーズになり、忙しい時間でもイライラせずに支度ができます。

そして、物が少ないとスペースに余裕が生まれ、快適な生活ができるようになります。

みなさんもパッとわかるような収納方法にして毎日を快適に過ごしませんか。