【ミニマリスト】なぜおしゃれに見えるのか?

ミニマリストとは必要最低限のものでシンプルな暮らしをする人。

無駄を省き、使わないものは処分し、快適な空間で心豊かに暮らしています。

そんなミニマリストに憧れる人は多くいますが、なぜ物が少なくておしゃれに生活できるの?と気になる人も多いようです。

今回はミニマリストの「服」に注目し、おしゃれなミニマリストの服えらびについて書いていこうと思います。

ミニマリストのメリット、断捨離の仕方はこちらの記事をご覧ください。

Contents

ミニマリストの服の枚数

まず、ミニマリストが持っている服について書いていきます。

ミニマリストが持つ服はアウター、インナー、フォーマル以外で大体10着から15着くらいです。

最初は20着くらいで無理なく始めるのがおすすめ。

慣れてきたら10着くらいで1年を過ごすことができるようになります。

そのため年間通して着ることができる服を選ぶ必要があります。

冬は寒いので暖かい服が必須ですが、薄手のものを重ね着したりして、できるだけ秋や春先も着られる服を選びましょう。

薄手のものが重宝する理由はもう一つあります。

洗濯物が早く乾くこと。

厚手のトレーナーやニットは乾くのに時間がかかり、服の少ないミニマリストは着る服に困ってしまいますよね。

そして、足りないからと言って買い足すことになってしまったら効率的な生活ではありません。

早く乾く薄手の服を持っている方が重ね着して着回しやすく便利ですよ。

年間通して着られる素材の服

一年中着られる素材はコットン、ナイロン、ポリエステルなどです。

ポリエステルはオールシーズン着られる上に、シワになりにくく、ケアが楽ちんなので私のようなズボラさんにおすすめです。

コットンが着たい場合は、コットンとポリエステルの混紡を選ぶといいですよ。

コットン100%に比べてシワになりにくいのでアイロンがけの手間が省けます。

アイロンがけはめんどくさくてやりたくないという人は楽ちんケアの方法をこちらの記事で載せています。↓

ミニマリストはなぜおしゃれに見える?【おしゃれミニマリストになる方法】

前述のとおり、ミニマリストの服は少ないです。

年間10着くらいでおしゃれに見せるのは難しいと思う方が多いです。

でもミニマリストっておしゃれに見えますよね。

それはおしゃれなミニマリストは自分に似合う服を知っているから。

少ない服でおしゃれにシンプル生活を送りたいと思うミニマリストは似合わない服は持っていません。

まず、自分に似合う服がどんな色で、どんな形で、どんなイメージなのか自分をよく知ろうとします。

そして、似合う服だけを厳選して身に着けます。

だから、自分をより魅力的に見せてくれる服しか着ないのでミニマリストはおしゃれに見えるんです。

ミニマリストは定番服を着るのが基本ですが、誰もが定番服を着ればおしゃれなミニマリストになれるかというと、そうではないんです。

定番服の中にも形や色がさまざま。

自分をより魅力的に見せてくれる色や形の定番服を着ることでおしゃれなミニマリストになれるんです。

おしゃれミニマリストになろう

おしゃれなミニマリストになるにはまず自分に似合う服を知ることが最初の1歩。

自分に合った定番アイテムを身につけて周りから見て「おしゃれ!」と思われるようなミニマリストになりませんか。

自分に似合う服は本来持っている血色や骨格、顔立ちで変わってきます。

似合う色や似合う形、自分が持っているイメージに合った服を着ていれば、少ない服を着回していてもおしゃれに見えますよ!

自分に合う服を調べる方法はこちらの3つ

自分に似合う服を調べる方法

カラー、顔タイプ、骨格の3つの診断で生じる疑問

顔タイプ診断と骨格診断をするとわかりますが、顔タイプと骨格で直線と曲線がミックスの人が出てきます。

その場合は顔周りに影響が大きいのでトップス選びがとても重要になります。

本来であれば、パーソナルカラーと顔タイプ、骨格がわかると自分はどんな服を買えばいいのかわかるはずなんですけど、疑問が生じるんですよね。

骨格と顔タイプで真逆の人

例えば…

骨格がストレートで顔がクールの人などは直線を意識したコーディネートですぐに自分にマッチして「なるほど!」と納得する人は多いと思います。

また、顔の中のパーツで曲線と直線が混ざっているフレッシュ、エレガント、ソフトエレガントの人も比較的合わせやすいと思います。

でも骨格ウェーブで顔タイプクールの人など、骨格と顔タイプで直線と曲線がミックスの人は書いてあることが正反対なんです。

例えばウェーブの場合、フリルやギャザーの服が似合うと書いてあるのにクールの顔ではフリルは違和感が出ると書かれています。

どうすればいいの?ってなりますよね。

人は顔周りで印象がだいぶ変わります。

そのため、顔に近い襟の形は顔タイプに寄せて選ぶのがベターです。

顔タイプに合った襟もとにして、骨格に合ったラインのコーディネートにすると顔タイプと骨格のズレを馴染ませることができます。

ボトムスに関しては顔から遠いので形は骨格に寄せて選び、イメージは顔タイプに合わせましょう。

この記事は顔タイプ、骨格のセクションでミックスの人にも合わせられるような対策も書いているので参考にしてみてくださいね。

骨格ウェーブはミニマリストに必要な定番服が苦手

骨格ウェーブの人は定番服が苦手です。

ウェーブという名前のとおり体がゆるやかにカーブしているイメージです。

ミニマリストが持っていると便利な定番服は直線的なイメージが強いです。

そうするとカチっとした服はなかなかウェーブさんに似合いません。

特に顔タイプもキュートやアクティブキュートで曲線の人は顔も骨格も曲線で通常ミニマリストが選ぶ服はなかなか難しいです。

そこでこの記事ではウェーブで顔タイプが曲線の人にも合う着まわしやすい服を紹介していこうと思います。

参考にしてみてくださいね。

【パーソナルカラー診断】で自分に似合うベーシックカラーを知ろう

まずは自分のパーソナルカラーを調べましょう。

ミニマリストは必要最低限の服しか持たないため、着まわしやすいベーシックなカラーを選ぶのが基本です。

でも、ベーシックカラーの中にも自分に合う色としっくりこない色があるのでパーソナルカラー診断で自分に合う色を調べます。

ミニマリストの持っている服は少ないですが、着ている服の色が自分に合う色なら着まわしていても自然と若見えし、おしゃれに見えます。

パーソナルカラーとは

パーソナルカラーは大きく分けてイエローベースとブルーベースです。

さらに、イエローベースはスプリングオータム、ブルーベースはサマーウインターに分かれます。

パーソナルカラー診断はこちら

イエローベース

イエローベースの人は腕の内側の血管が緑色です。白目の色はアイボリーで、瞳や地毛はブラウン〜ダークブラウン。唇の色はオレンジ系のピンクで手のひらはオークル〜オレンジ系で赤みがありません。

スプリング…瞳や地毛は明るいブラウンでフレッシュなイメージです。

オータム…瞳や地毛はダークブラウンでマットな質感の人が多く、大人っぽいイメージです。

ブルーベース

ブルーベースの人は腕の内側の血管が青や紫色です。白目の色は青白く、瞳や地毛はの色はダークブラウン〜ブラックです。唇の色はローズ系の赤みがあり、手のひらや耳に赤みがあります。

サマー…地毛がソフトブラックで優しい柔和なイメージです。

ウインター…黒い瞳と白目がくっきりしていてスタイリッシュでクールなイメージです。

イエローベースのベーシックカラー

温かみのある色が得意なイエローベースの人

イエローベースのミニマリストは春夏はアイボリーやベージュ系秋冬はブラウン、キャメルやカーキ系で統一すればより自分を輝かせてくれます。

寒色系など苦手な色を着たい時はボトムスに取り入れてみましょう。

ベーシックカラーだけではちょっと寂しいという方には差し色でファッションを楽しんでみてください。

スプリングの人はコーラルピンクを合わせるとフェミニンなコーデに。

アップルグリーンなど爽やかな色も合うのでおすすめです。

トップスに取り入れてみると華やかに見えますよ。

オータムの人は深みのあるモスグリーンやマスタードも似合うので挑戦してみてください。

ブルーベースのベーシックカラー

クールな色が得意なブルーベースの人

春夏はホワイトやライトグレー、エクリュなどでまとめ、秋冬はネイビーやチャコール、黒を中心とした服えらびにしてみましょう。

でもサマーの人は黒が苦手です。ボトムスに取り入れてみてください。

ブルーベースの人が苦手なブラウン系を取り入れたい時は黄みの少ないココアブラウンがおすすめです。

差し色を選ぶなら、サマーの人はベビーピンクやスカイブルーなどのトップスで顔色が明るく見えます。

ラベンダーもおすすめですよ。

ウインターの人はくすみのない色が得意。

コントラストの強いものもおすすめです。

マゼンタやレモンイエローなどパキッとした色をアクセントに取り入れてみてください。

【顔タイプ診断】で自分のイメージを知り、服のイメージを統一

自分に合う色がわかったところで、次に自分の持っているイメージを知ることが大事。

自分のイメージを知っている人は意外と少ないです。

顔タイプ診断で診断することで「なるほどぉ」「そうなんだぁ?」と納得しますよ。

ミニマリストは持つ服が少ないので全体的なイメージを統一すると少ない服でも着まわしやすくなります。

見た目と違うイメージの服を着るとアンバランスな印象になり、違和感を感じてしまいます。

例えば清楚な雰囲気の人がカジュアルな古着っぽい服を着ると「なんか違う??」と違和感を感じてしまうのです。

まずは顔タイプ診断をして自分のイメージを知りましょう。

顔タイプとは

顔タイプは8つのタイプに分かれます。

まず大きく分けると大人顔と子供顔に分かれます。

ざっくり言うと、横幅が長い人は子供顔、縦幅が長い人が大人顔です。

さらに、顔のパーツや輪郭が曲線か、直線か、ミックスかでわかれます。

子供顔

曲線…「キュート」「アクティブキュート」

曲線、直線のミックス…「フレッシュ」

直線…「クールカジュアル」

大人顔

曲線…「フェミニン」

曲線、直線のミックス…「エレガント」「ソフトエレガント」

直線…「クール」

顔タイプ診断はこちら

ここからはそれぞれの顔タイプの解説をしていきましょう。

似合う服のイメージや骨格とのズレ解消テクニックも合わせて紹介していきます。

キュート

可愛らしい柔和なイメージのキュートの方はシフォンなど柔らかい素材が似合います

子供顔で曲線のイメージが強く、パーツは小さめです。

丸襟やポワン袖がとてもよく似合います。

シャープな印象の服は違和感が出るので避けた方が無難です。

でもミニマリストはきちんとした定番服を揃えるのが基本。

定番服はカチッとしているものが多く直線的なイメージ。

前述しましたが、曲線が似合う人はなかなか定番服を着こなすのがむずかしいんです。

顔タイプがキュート、骨格がウェーブの人は曲線が本当に似合う人です。

そのため、ザ・曲線タイプの人でも着まわせる服を次の「骨格別自分に合った定番服を手に入れよう」で紹介しますね。

自分に似合う服でおしゃれなミニマリストになりましょう。

難しい組み合わせ

キュート×ストレートの人

顔は曲線が得意ですが、骨格は直線が似合う人です。

その場合、前述しましたが、顔に近い襟は顔タイプに寄せて選ぶのがベターです。

襟の形を少し大きめに開いた丸襟やUネックにして曲線を表現し、羽織るものでデコルテにV字を作ると体型がスッキリします。

キュートに似合うフリルカラー、胸元にギャザーが入っているものはストレートさんは苦手なので控えたほうが無難です。

ストレートの骨格をカバーするコットンや透け感のないとろみ素材を取り入れます。

アクティブキュート

アクティブキュートの人は子供顔で曲線のイメージが強く顔のパーツは大きめで目力があります。元気でポップな印象でカジュアルな服装が得意。

カッコいい服装には違和感が感じられるのでドット柄など曲線を取り入れるようにしましょう。

顔タイプがアクティブキュートの人は柄物が得意

ビジューやギャザーも得意ですが、ミニマリストとしてはデザイン性の高いものは着回しがしにくいのでシンプルな服を選びたいですね。

形は定番にして柄物をコーディネートの中のアクセントに取り入れるのがいいかと思います。

アクティブキュートさんはフリルカラーも似合います。フリルカラーのブラウスは着回しが効くのでおすすめです。

特にアクティブキュート×ウェーブの人はかわいいミニマリストになりそうです。

アクティブキュート×ストレート人は深めのUネックを選びましょう。

キュートと同じで首周りは曲線を表現しましょう。

カジュアルな服装が似合うので襟の形をデザイン性の少ないシンプルな曲線にすればキュートの人に比べると骨格とのズレはそれほど大きくありません。

カジュアルなおしゃれミニマリストになれますよ。

フレッシュ

子供顔で直線と曲線のミックスタイプパーツは小さめで親しみやすく、好感度が高いフレッシュの方はシンプルカジュアルが得意。

デザインの個性的な服装は苦手分野です。

アクセサリーなど小物類も小ぶりのものが似合います。

顔タイプがフレッシュの人はミニマリストにピッタリな定番服が似合います。

ボーダーやギンガムチェックが似合うのでコーデのアクセントに取り入れてみてください。

さらにフレッシュ×ストレート、ナチュラルさんの場合はこれぞ”ザ・ミニマリスト”という感じのおしゃれなミニマリストになれそうですよ^^

クールカジュアル

子供顔で直線のイメージが強く、パーツは小さめです。モードな印象のクールカジュアルの人はカッコいいと言われることが多いようです。

子供顔なので若々しさもあり、カジュアルでボーイッシュなアイテムがとてもよく似合います。

直線的なシルエットが得意。

フェミニンな印象の服は着こなしが難しくなるのであまり主張しないものを1点だけにするといいでしょう。

クールカジュアル×ストレート、ナチュラルの人はメンズライクな服でまとめるとスタイリッシュでカッコいいミニマリストになれそうです。

【難しい組み合わせ】

クールカジュアル×ウェーブ

顔タイプと骨格がミックスしているので難しい組み合わせです。

胸元は開きすぎないスクエアネックやボートネックで直線のイメージを出しましょう。

秋冬はタートルネックも◎

トップスの素材はウェーブの得意な柔らかい素材が体型に馴染みます。

ウエスト位置は高めにして骨格カバーします。

アクティブキュートはモードカジュアルなイメージなのでウェーブに似合うブラックのスキニーデニムがステキ。

セミフレアデニムも似合います。

柔らかい素材ではモードな雰囲気の細身のセミフレアパンツでカッコよく。

アウターはショート丈のジャケットで直線のイメージを。

フェミニン

フェミニンの人は大人顔で曲線のイメージが強く大人っぽさと女性らしさが感じられます。

いわゆる美人さんです。

レースやフレアなどフェミニンな服が似合います。

首元は丸みのあるUネックが◎

袖もボリュームのあるものを選ぶと女性らしくて似合います。

カジュアルやメンズライクな服装は違和感が生じるので気を付けましょう。

ジャケットもカラーの角が丸くなったタイプを選ぶなど、どこかに女性らしさが感じられる定番服でまとめるとコーディネートしやすいですよ。

【難しい組み合わせ】

フェミニン×ストレートの人は広がりすぎない落ち感のあるフレアスカートで女性らしさを。

シャツより柔らかいブラウスやカットソーで優しい雰囲気を壊さないようにしましょう。

小物で女性らしさを出すと柔らかい雰囲気を壊さないソフトな印象のミニマリストになれそうです。

クール

顔タイプクールの人は大人顔で直線のイメージが強く、可愛いというよりキレイと言われることが多いでしょう。

シャープな印象でシャツコーデが得意

マニッシュなスタイルをカッコよく着こなせます。

一方、チェック柄など可愛らしいものやフリルは苦手で、主張の強いものは避けた方が無難です。

定番服をカッコよく着こなせる顔タイプクールの人はジャケットやシャツコーデでまとめるとスタイリッシュなミニマリストになれそうです。

【難しい組み合わせ】

クール×ウェーブの人

首回りは詰まっている方が似合うウェーブさん。

クールはVネックがおすすめですが、華奢な上半身を目立たなくするためにはウェーブにも似合う開きすぎないスクエアネックボートネックで直線のイメージを出しましょう。

タートルネックはクールの顔によくあうので◎。

クール×ウェーブの人はウェーブ得意のフリルやギャザーはクールには苦手分野のため、やめた方が無難です。

顔周りはクールに合う直線タイプに寄せていきましょう。

ボトムスはボリュームを抑えたものを選びます。

エレガント

大人顔で直線と曲線のミックスタイプのエレガントの人はパーツが大きいので上品で華やかな印象です。

派手な柄や華やかでゴージャスな服装が得意です。

その反面、ミニマリストの基本であるシンプルな定番服やカジュアルな服で全体をまとめてしまうと違和感が出ます。

特にミニマリストはボーダーやチェック柄をアクセントアイテムに選ぶ人が多いですが、エレガントの人にはカジュアルすぎて顔との違和感が出るのでやめたほうがよさそうです。

エレガントの人はシンプル定番服が似合わないわけではありません。

シンプルな服はエレガントにはちょっと物足りないので小物を利用しましょう。

シンプルな服だけでは寂しい感じになるのでアクセサリーや小物類で華やかさを出します。

ナチュラルメイクをしていても派手に見えてしまうエレガントの人は髪型をミディアムかロングにしてゆるく巻いたりすると柔らかい雰囲気を出すことができますよ。

ソフトなイメージを出すとシンプルな服も合わせやすくなります。

【難しい組み合わせ】

エレガント×ナチュラルの人

エレガントとナチュラルってイメージが真逆ですよね。

カジュアルなスタイルが似合うナチュラルの人はできるだけ派手に見せてエレガントの顔に負けないスタイルにするのがポイント。

前述しましたが、小物類でゴージャス感を演出することで違和感を解消できます。

高級感のあるものを取り入れてください。

ソフトエレガント

大人顔で直線と曲線のミックスタイプのソフトエレガントの人はパーツが小さめなので優しく清楚な印象です。

シンプルで上品な服やかっこいい服も似合います。

スッキリとしたデザインのものを上手に着こなすことができます。

派手すぎるものは違和感があるのでシンプルにまとめるのがコツです。

顔タイプソフトエレガントの人も定番服が似合う人です。

柔らかい上品な雰囲気のミニマリストになれそうです。

【骨格別】ミニマリストに必要な定番服を紹介

ミニマリストの服は着まわしやすい定番服が基本ですが、自分の骨格に合った定番アイテムを着ないと太って見えたり、貧相に見えたりします。

自分の骨格を調べて自分に似合う服の形を知りましょう。

種類はストレート、ウェーブ、ナチュラルの3つ。

骨格診断はこちら

骨格の種類

ストレート】

体型…上半身にボリュームがあり、メリハリのある立体的な体型

体型をきれいに見せるには…重心が偏らないようにIラインを意識する。生地に厚みがあり、形がしっかりとした服を選ぶ。

ウェーブ】

体型…下半身に重心があり、骨が細くて華奢なイメージ

体型をきれいに見せるには…トップスにデザイン性のあるものを着て足元は軽く、重心を上に持ってくる。柔らかい素材を選ぶ。

ナチュラル

体型…重心の偏りがなく、骨がしっかりしている

体型をきれいに見せるには…オーバーサイズを選んでAラインを意識し、重心を下に持ってくる。

デニム

デニムはミニマリストならひとつは持っておきたい定番アイテムです。

自分の骨格に合うシルエットのデニムがあれば、簡単にカジュアルコーデが完成します。

ボトムスは「顔タイプ」と「骨格」が直線と曲線混ざっていてもさほど影響はないので「骨格」で選んで大丈夫です

骨格ストレート

ストレートのデニム選び

形…ストレートが◎、緩めのテーパード◯

色…インディゴ、ワンウォッシュ、ブラックなど濃いめの色

サイズ…ジャストサイズ

ストレートさんが似合うシルエットはストレートデニム

キレイめスタイルが得意なストレートさん。

白カットソーにパリッとしたアウター。

どちらもジャストサイズを選んでストレートさん得意のきちんとスタイルになっています。

クルーネックを着る時はアウターの前を下だけ留めて深いVネックを作るのがすっきりさせるコツ。

カジュアルなんだけどどこかにきちんと感を出すのがストレートさんのおしゃれポイントです。

色はワンウォッシュやインディゴなど濃いめをチョイスしてきちんと感のあるデニムスタイルに。

ストレートデニムでキレイめカジュアルを目指しましょう。

スキッパー襟の白シャツを合わせればカッコいいキレイめカジュアルになりますよ。

骨格ウェーブ

ウェーブのデニム選び

形…ハイウエストのスキニーが◎。数に余裕があれば体にフィットするセミフレアデニムもOK

色…インディゴ、ワンウォッシュ、ブラックなど濃いめの色

サイズ…ジャストサイズ

フェミニンな服が似合うウェーブさんはハイウエストのスキニーデニムが一番キレイに着こなせます。

足元を軽くするのがウェーブさんのスタイルを引き立たせるコツ。

上半身に目がいくフレンチスリーブと合わせると女性らしいフェミニンなカジュアルコーデに。

流行りのセミフレアデニムもウェーブさんに似合いますが、枚数がミニマリストは合わせやすい定番スキニーが着まわしやすくていいかも。

9分丈で少し足首が見えるほうがウェーブさんの体型に似合います。

骨格ナチュラル

ナチュラルのデニム選び

形…ワイドデニム、オーバーサイズのフレアデニムが◎、緩めのテーパード

色…色落ちしたもの

サイズ…オーバーサイズ

最もデニムが似合うのはカジュアルがキーワードのナチュラルさん。

下に重心があるとスッキリ見えるナチュラルさんはワイドデニムがおすすめ。

色落ちしたワイドデニムをカジュアルに着こなすのが得意です

ロング丈のシャツワンピとのレイヤードスタイルが似合うのもナチュラルさんならでは。

カットオフのデニムも似合いますよ。

白シャツ

白いシャツがあると羽織にしたり、重ね着ができるのであると便利な1枚です。

トップスは骨格と顔タイプが大きくかかわってきます。

「顔タイプ」と「骨格」が真逆の人は顔タイプに合う襟の形を選びましょう。

素材や形は骨格で選びます。

骨格ストレート

ストレートの白シャツ選びのポイント

形…レギュラーカラー、オープンカラー、スキッパーカラー

サイズ…ジャストサイズ

素材…綿などハリのある素材

ストレートさんは写真のようにシンプルなスキッパー襟やオープンカラーが似合います。

とにかく首回りはV字に開いていることが大事。

春や秋はテーラードジャケットやライダースを羽織ればストレートに似合うかっちりコーデになります。

気を付けたい顔タイプ

顔タイプキュートの人はVネックが苦手です。

キュートが似合うのは丸襟やフリルのついた襟。

顔タイプキュート、アクティブキュート、フェミニン×ストレートの人は丸襟でボタンを開けて着るのがおすすめ!

丸襟は一番上のボタンを閉めて着るととっても可愛く、キュートの顔にぴったりなのですが、ストレートの骨格には肩まわりがガッチリして見えてしまいます。

写真のようにボタンを1つか2つ開けてデコルテをスッキリ見せましょう。

キュート、アクティブキュート、フェミニン×ストレートの人には下の写真のようにバンドカラーのシャツ×ベストもおすすめです。

深めに開いたベストがストレートの骨格をカバーして、フェミニンなブラウスがキュートのイメージにピッタリになります。

大事なのは素材です。

ハリのある素材がストレートさんの体型をスッキリ見せてくれます。

しっかりした素材のジレもおすすめです。

骨格ウェーブ

ウェーブの白シャツ選び

形…バンドカラー、スタンドカラー、フリルカラー、ボリュームスリーブ

サイズ…ジャストサイズ

素材…落ち感のある柔らかい素材、とろみ素材

ウェーブさんは定番のレギュラーカラーの白シャツは苦手アイテム。

着まわしやすい白シャツをウェーブさん向きにするなら、柔らかい素材を選びましょう。

落ち感のあるテロっとした生地にすればウェーブさんもレギュラーカラーが着こなせます。

ウェーブさんは首の詰まったものが似合うのでスタンドカラーやバンドカラーもおすすめです。

タートルネックの上に着てレイヤードするなど、バンドカラーは定番で使いやすいですよ。

袖にボリュームがあると◎。

顔タイプキュート、アクティブキュート、フェミニンの人はデザイン性のあるフリルカラーや丸襟も◎。

ウェーブさんは女性らしいコーデが似合います。

フリルカラーブラウスはスカート、キレイめパンツやデニム、キャミワンピとも相性抜群でおすすめです。

写真のようにカーディガンと重ね着したり、キャミワンピとレイヤードすると可愛いコーディネートができますよ。

カーディガンはショート丈がウェーブさんを可愛らしく表現してくれます。

キャミワンピ に合わせるならワンピースの丈は膝下くらいがベスト。写真はブーツを合わせていますが、パンプスが◎です。

ブーツならポインテッドトゥでヒールが細めを選ぶと重心が上に行きます。

気をつけたい顔タイプ

骨格がウェーブでも顔タイプがクール、クールカジュアルの人は曲線が苦手なのでかわいらしくならないように注意しましょう。

写真のように柔らかい素材でもスタンドカラーやバンドカラーでスッと見えるようにすると直線のイメージが出しやすくなります。

甘い感じにならないようにするのがベターです。

テーパードパンツにインすると直線のイメージになり、さらに目線が上にいくのでクール×ウェーブさんの体型にとてもよく合います。

骨格ナチュラル

ナチュラルの白シャツ選び

形…バンドカラー、スキッパーカラー、ドロップショルダー、ドルマンスリーブ

サイズ…オーバーサイズ

素材…綿、リネン、ガーゼ

ナチュラルさんが気を付けたいのは肩の落ち具合です。

スキッパーカラーで胸元が開きすぎないもの、肩がドロップショルダーのものを選びましょう。

少し後ろに落として着るとこなれ感がでて、ナチュラルさんの得意なカジュアルコーデがすぐに完成します。

ドルマンスリーブのシャツも似合います。

写真のように腰回りの骨っぽさが隠れる長さのトップスならナチュラルさんでもスキニーが似合いますよ。

ロールアップが似合うナチュラルさんは夏も白シャツが活躍するのでぜひ持っていて欲しいですね。

ナチュラルさんは首回りは詰まっている方が似合うのでバンドカラーもおすすめです。

サイズはゆったりシルエットが◎

素材はコットン、リネンなどがナチュラルさんにぴったりです。

【気を付けたい顔タイプ】

顔タイプキュート、アクティブキュート、フェミニンの人はバンドカラーがおすすめ!

写真のように曲線タイプの人にはバンドカラーのシャツにして曲線を出していきましょう。

形は他の顔タイプの人と同じでオーバーサイズが◎

白カットソー

白カットソーは重ね着定番アイテムです。

どんな服にも合うので持っていると便利。

オンでもオフでも活躍します。

インナーに着ると1年中着られる便利なアイテムです。

カットソーも顔の印象を左右するので「顔タイプ」と「骨格」が真逆の人は顔タイプに合う首元の形を選びましょう。

素材や形は骨格で選びます。

骨格ストレート

ストレートの白カットソー選び

形…Vネック、深めのUネック、5分袖、7分袖

サイズ…ジャストサイズ

素材…しっかりした厚めの素材

ストレートさんは首回りはVネックか深めのUネックです。

ハリのある素材で生地厚みのあるものは肉感を拾わないので形がしっかりしているものを選びましょう。

ジャストサイズが◎

袖は5分袖や7分袖がベストです。

5分丈や7分丈はインナーにも着られるので1年中着まわせます。

春秋はテーラードジャケットやライダースを羽織るとカッコよく決まります。

気を付けたい顔タイプ

顔タイプがキュート、アクティブキュート、フェミニンの曲線タイプの人はUネックを選びましょう。

Vネックは苦手ですが、Uネックなら曲線タイプの人のイメージにぴったりです。

骨格ウェーブ

ウェーブの白カットソー選び

形…クルーネック、ボートネック、フレンチスリーブ

サイズ…コンパクトサイズ

素材…柔らかい素材

ウェーブさんは定番より少しデザインのあるものを選びましょう。

首や肩回りにボリュームや装飾があるものでないと華奢な上半身をカバーできないんです。

そんなウェーブさんは素材と丈に気を付ければ定番ものもウェーブさんに合わせられます。

とにかく柔らかい素材を選びましょう。

開きすぎないクルーネック

ショート丈で目線を上半身に。

袖は目線が上にいくフレンチスリーブがおすすめです。

腕も細く見えます。

春秋はノーカラーのショート丈ジャケットを合わせるとオンでもオフでもOKな女性らしいコーデに。

骨格ナチュラル

ナチュラルの白カットソー選び

形…クルーネック、5分袖、ドロップショルダー

サイズ…オーバーサイズ

素材…綿

厚みのある素材が◎。

オーバーサイズでゆったりしたものを選びましょう。

ドロップショルダーがおすすめです。

5分袖くらいで袖口にゆとりのあるものがベスト。

ロールアップするとカジュアル感が増し、ナチュラルさんにとっても似合うコーディネートに。

春秋はざっくりとしたロングカーディガン合わせでカッコよく。

【気を付けたい顔タイプ】

顔タイプがエレガントとフェミニンはカジュアルが苦手です。

カジュアルな服、小物ですべてまとめてしまうと違和感が出ます。

エレガントは高見えする小物を身につけ、フェミニンは女性らしいアクセサリーやヘアグッズを身につけましょう。

大人のカジュアルをイメージすれば違和感を解消できます。

タートルネックニット

オンでもオフでも使える便利なタートルネックニット。

シャツのインに重ね着したり、上にカーディガンを羽織ったりと使い勝手がかなり良い定番アイテムです。

タートルネックは骨格に関わらず気を付けたい顔型があります。

【骨格に関わらず気を付けたい顔タイプ】

顔型が丸顔の人はタートルネックニットを着ると顔の形がより強く出てしまいます。

オフタートルを選ぶとフェイスラインの丸い印象を和らげることができます。

また、明るい色を選ぶとニットと肌の色がなじんで境界線をぼかすことができますよ。

イエローベージュの人はベージュやアイボリー、ブルーベージュの人はエクリュやオフホワイト、ライトグレーがおすすめです。

骨格ストレート

ストレートのタートルネックニット選び

形…薄手の細いリブ

サイズ…適度にフィットするサイズ

上半身にボリュームがあるストレートの人はボリュームが出すぎないようにリブの細い薄手のシンプルなタートルネックがおすすめ。

ジャケットのインに着ると体型もスッキリカバーできます。

骨格ウェーブ

ウェーブのタートルネックニット選び

形…緩すぎないオフタートル、ハイゲージ

サイズ…ジャストサイズ

首元に少しゆとりのあるデザインでゆるすぎないオフタートルが似合います。

ソフトな素材を選びましょう。

定番よりもちょっとフェミニンなデザインがウェーブさんに似合います。

上半身に目線が行くようにインするのがおすすめです。

骨格ナチュラル

ナチュラルのタートルネックニット選び

形…少しだけ肩が落ちてるドロップショルダー、厚手、

サイズ…ゆとりのあるサイズ

厚手で少しドロップショルダーのゆったりとしたタートルネックが似合います。

体にフィットしすぎないものがベスト。

ナチュラルの人はざっくりとした厚手のオフタートルネックがおすすめですが、ミニマリストとしては重ね着することも考えると緩すぎない厚手のリブタートルを選ぶのがおすすめです。

ミニマリストにとって便利な定番アイテムが揃い、数に余裕がある場合にざっくりニットを購入するといいかもしれません。

シンプルなタートルネックニットにフレアシルエットのキャミワンピを上に重ね着するとナチュラルさんに似合う上半身コンパクトなAラインコーデが出来上がります。

カーディガン

丈で雰囲気が変わるカーディガン。

羽織としても、前を留めてニットとしても着られるので着回し力は抜群です。

骨格ストレート

ストレートのカーディガン選び

形…ジャスト丈、ロング丈、Vネック、薄手、ハイゲージ

サイズ…ジャストサイズ

ジャスト丈やロング丈が似合います。

Vネックがおすすめ。

ロング丈は直線のイメージが強く、ストレートさんがキレイに見えるラインです。

Iラインを意識するとキレイに着こなせます。

ハイゲージのキレイめでピッタリしすぎないものを選びましょう。

前を留めて着ると肉感を拾ってしまうのでストレートさんは開けてきるとGOOD!

厚手は着太りして見えやすいので薄手のシンプルでスッキリしたものがベストです。

【気を付けたい顔タイプ】

顔タイプが曲線のキュート、アクティブキュート、フェミニンの人はインに着る服はUネックやクルーネックのカットソーで曲線を。

メロウ加工されているものなど、デザインがフェミニンなタイプがおすすめです。

骨格ウェーブ

ウェーブのカーディガン選び

形…ショート丈、クルーネック、ボリュームのあるもの

サイズ…コンパクトサイズ

素材…シャギーなどボリューミーでソフトな素材

首回りはラウンドネックか浅めのVネックでショート丈が◎

ソフトな風合いのものを選びましょう。

インにタートルネックを着て膝下丈のフレアスカートと合わせたらフェミニンコーデが完成です。

【気を付けたい顔タイプ】

クール、クールカジュアルの人は浅めのVネックで直線を出しましょう。

インにタートルネックが◎。スクエアネックのカットソーもOKです。

骨格ナチュラル

ナチュラルのカーディガン選び

形…ミディアム丈、ロング丈、超ロング丈、クルーネック、浅めのVネック、ドルマンスリーブ、

サイズ…オーバーサイズ

ナチュラルさんはドルマンスリーブボリューム感のあるものが得意です。

ローゲージでカジュアルなものをワイドデニムと合わせてもだらしなくならないのがナチュラルさん。

また、超ロング丈をおしゃれにカッコよく着こなすことができるため、カーディガンはナチュラルさんの得意分野。

浅いVネックの超ロング丈のカーディガンは着回しが難しいと思われがちですが、実は前を閉めてワンピースとしても着られるので着回しやすいんです。

レイヤードしておしゃれを楽しむこともできてとても使い勝手がいいアイテムです。

ロングコートが似合うナチュラルさんはコートのインにロングカーディガンを重ね着すればかっこいい大人女性になれますよ。

【気を付けたい顔タイプ】

顔タイプが曲線のキュート、アクティブキュート、フェミニンの人は超ロング丈は直線の主張がつよくかっこいいイメージになるため、ミディアム丈かロング丈が無難です。

スカート

スカートもいろいろなコーディネートが楽しめるので持っていたいアイテムです。

似合う形のスカートを1~2着用意しましょう。

ボトムスなので顔タイプと骨格が真逆の人は形は骨格に寄せて選びます。

イメージは顔タイプに合わせます。

骨格ストレート

ストレートのスカート選び

形…ロング丈、マキシ丈、タイトスカート、Aラインスカート、タックのないフレアスカート

サイズ…ジャストサイズ

素材…厚手のしっかりした生地、ツイード、ジャガード、レザー、デニム

ストレートさんはしっかりしたハリのある素材で肉感を拾わないしっかりした生地がおすすめ。

ツイードやジャガードなど高級素材も似合います。

直線を意識したタイトスカートやAラインスカートがベスト。

タックの入っていない落ち感のあるフレアスカートも◯

ロング丈、マキシ丈が似合います。

【気を付けたい顔タイプ】

顔タイプが曲線の人はイメージを顔タイプに合わせて選びましょう。

キュートの人タックの入っていないフレアスカートがキュートのイメージです。

アクティブキュートの人デニムなどのカジュアルな素材が似合います。

フェミニンの人ツイードやジャガードなど高級な素材がおすすめです。

顔タイプが曲線の人は直線的なタイトスカートよりも少し柔らかいAラインやフレアスカートのほうが似合います。

骨格ウェーブ

ウェーブのスカート選び

形…ひざ下丈、ミディアム丈、フレアスカート、プリーツスカート、Aラインスカート

サイズ…ジャストサイズ

素材…薄手の柔らかい生地、サテン、ベロアなど光沢のある生地、レース、チュール、シフォン

ウェーブの人はチュールやシフォン、レースなどの柔らかい素材が得意です。

サテンなどの光沢のある素材も似合います。

膝下丈やミディアム丈がベスト。

フレアスカートやプリーツスカートなど軽やかなスカートが似合います。

軽く見えるフェミニンな素材はウェーブさんにぴったりです。

トップスもコンパクトにまとめて目線を上に。

【気を付けたい顔タイプ】

クールやクールカジュアルの人ウェーブに似合うフェミニンな服があまり得意ではありません。

シフォンやチュールのようにかわいらしくなりすぎる素材はやめたほうがよさそうです。

落ち感のあるフレアスカートやAラインで縦のラインを意識したスカート選びにしましょう。

骨格ナチュラル

ナチュラルのスカート選び

形…ロング丈、マキシ丈、ギャザー、ティアード、フレア、ランダムなプリーツなどロング丈のものは何でも似合います

サイズ…ジャストサイズ

素材…コットン、リネン、デニムなど自然素材

ロング、マキシ丈のスカートならなんでも似合います。

トップスをインしてコンパクトにまとめればナチュラルさん得意のAラインコーデが完成です。

裾が広がるフレアタイプのスカートやティアードスカートも◎

プリーツスカートは規則正しいものより折り目がランダムなプリーツがおすすめです。

【気を付けたい顔タイプ】

マキシ丈はカジュアル感が強く出ます。

エレガント、フェミニンの人はカジュアルな服が苦手です。

でも骨格はテロっとした生地で女性らしいキレイめスタイルが苦手。

そういう場合は小物で女性らしさを加えてください

エレガントの人はアクセサリーやレザーの小物でゴージャス感を。

フェミニンの人はシュシュを付けたりファーのバッグなど女性らしい小物を身に着けてくださいね。

キレイめパンツ

オフィスでも使えるキレイめパンツは1枚あると着回しできて便利。

いざというときも使えるちゃんとした素材のものを選びましょう。

きれいめパンツは正式な場で誰もが着用するアイテム。

顔タイプを意識しすぎず骨格で選ぶようにしましょう。

カラーもブラック、ネイビー、グレー、ベージュなどで選びます。

骨格ストレート

ストレートのきれいめパンツ選び

形…センタープレスの入った緩めのテーパードパンツ、ストレートパンツ

サイズ…ジャストサイズ

素材…少し厚みがありハリのある素材、上質な素材

ストレートんさんは適度に厚みがあり、ハリのある上質な素材が似合います。

センタープレスの入っているものがおすすめ。

テーパードパンツやストレートパンツはストレートさんの体型にぴったりです。

テーラードジャケットを合わせればストレートさんの得意スタイルになります。

骨格ウェーブ

ウェーブのきれいめパンツ選び

形…クロップドパンツ、細身のテーパードパンツ

サイズ…ジャストサイズ

素材…薄手の柔らかい素材

クロップド丈やアンクル丈が似合うウェーブさん。

柔らかい素材の細身のテーパードパンツやクロップドパンツがおすすめです。

ショート丈のテロっとしたブラウスと相性抜群です。

骨格ナチュラル

ナチュラルのきれいめパンツ選び

形…ワイドパンツ、緩めのテーパードパンツ

サイズ…ジャストサイズ

下に重心のあるロング丈のワイドパンツが似合います。

緩めのテーパードパンツもOK

素材はコットンやリネンが似合いますが、正式な場ではカジュアルすぎてしまいます。

キレイに着られるテロっとした素材があまり得意ではないナチュラルさん。

落ち感のある素材はどこか抜け感のある10分丈のキュロットタイプならOK。

ゆったりサイズをゆるっと着こなしてもだらしなくならないのはナチュラルさんの特権です。

ワンピース

ワンピースで着まわしやすいおすすめアイテムはシャツワンピやキャミワンピ、ジャンパースカートです。

一年中着られて重ね着のバリエーションが豊富なのでいろいろなスタイルが楽しめます。

ミニマリストなら持っていたいアイテムなのでぜひ取り入れてみてください。

骨格ストレート

ストレートのワンピース選び

形…ロング丈、ウエストシェイプのシャツワンピース、デコルテがV字に開いたタイトなジャンパースカート、ウエストでシェイプしたトレンチワンピース

サイズ…ジャストサイズ

素材…少し厚みがありハリのある素材、コットン、ジャガード、ツイード

ハリのあるしっかりした生地のシャツワンピースはストレートさんをより素敵に見せてくれます。

ウエストがシェイプされていてタックの入っていないものがベスト。

肌寒い時はカーディガンを羽織ったり、ジャケットを着ても素敵です。

直線を意識したウエストシェイプのトレンチワンピースタイトなジャンパースカートも似合うので枚数に余裕がある場合はぜひ取り入れてみてください。

丈はロング丈がストレートさんにはぴったりです。

深いV字になっているジャンパースカートならタートル合わせでもストレートさんの体型をすっきり見せてくれます。

骨格ウェーブ

ウェーブのワンピース選び

形…ひざ下丈、ミディアム丈、ウエストで切り替えのあるワンピース、ニットワンピ

サイズ…ジャストサイズ

素材…シフォンなど薄手のやわらかい素材、光沢のあるサテン、ベロア

ウェーブの人にはウエストで切り替えがあるものがベストです。

重心が下に行きがちなキャミワンピやジャンパースカートがちょっと苦手。

重ね着ができるのでミニマリストとしては使い勝手がいいのですが、ウェーブさんはやめたほうが無難です。

着回し力は弱くなりますがワンピースは1枚あるとおしゃれが楽しめるのでウェーブに合ったものを選びましょう。

軽いイメージの素材が得意なのでシフォンやシアーなワンピースがおすすめ。

丈は膝下やミディアム丈くらいがベストです。

身体にフィットするニットワンピも似合いますよ。

ウエストに切り替えのあるものがおすすめです。

ワンピースを着る時は足元はパンプスがベスト。

軽くして重心を上に持っていきましょう。

ベロアサテンなど光沢のある素材も得意です。

肌寒い時はノーカラーのショート丈ジャケットを。

【気を付けたい顔タイプ】

クールやクールカジュアルの人はフェミニンすぎるスタイルに違和感が出るのでニットワンピを選ぶのが◎。かわいくなりすぎず、大人な女性にみられます。

骨格ナチュラル

ナチュラルのワンピース選び

形…ロング丈、マキシ丈、シャツワンピ、ティアードワンピ、ボリューミーなジャンパースカート

サイズ…ジャストサイズからオーバーサイズ

素材…コットン、リネンなど自然素材

コットンやリネンの自然素材を使ったゆったりサイズが似合います。

基本的にワンピースはなんでもよく似合います。

超ロングのシャツワンピースがとっても似合うナチュラルさん。

重ね着やレイヤードでおしゃれが楽しめるのでおすすめです。

ボリューミーなキャミワンピティアードワンピ、ボリューミーなジャンパースカート◎です。

下に重心がくるフレアシルエットのものがおすすめ。

ロング丈、マキシ丈がとってもよく似合います。

ミニマリストはなぜおしゃれに見えるのか? まとめ

今回はおしゃれなミニマリストになれる服選びについて書いてみました。

定番服を選べばおしゃれなミニマリストになれると思っているとちょっと残念な結果になってしまいます。

自分に似合うカラーや形、イメージをよく理解して似合う服を厳選するとおしゃれなミニマリストになれますよ。

参考にしてみてくださいね。