【間取り】決めに大切なことは?~物を使う場所に収納を作る~

※本ページはプロモーションが含まれています。

こんにちはpuchiです。今回は家事がしやすい家にするには間取りが大事なことについて書いていこうと思います。

住みやすい家=収納が適切な場所に確保されていること

つまり、物を使う場所に収納スペースがきちんと設計されている家です。

実は、間取りや家、家事に興味のなかった時に建てた家に後悔している私。

そんな私が「こうすればよかった!」というポイントを解説しながら紹介していきます。

この記事はこんな人におすすめ

家事がめんどくさい

ライフハックに興味がある

私はズボラ

家を建てる予定だけど間取りの決め方を知りたい

間取りを決める時は収納と動線を第一に考える

家を建てる時、間取りは家事のしやすい収納と動線を第一に考えて決めると快適な生活が送れます。

以前、家事がラクになる収納方法について記事を書きました。

収納次第で家事がグーンと楽になるんです。

簡単にキレイな部屋を維持したり、料理しやすいキッチンにしたり…。

2つの基本ルールに沿って収納すればどこでも楽に家事が行えます。

コチラの記事で紹介しています↓良かったら参考にしてみてくださいね。

私が家を建てた頃、家事や収納、家族の動線などはまったく考えていませんでした。

今思うと、こうしておけばよかったということがいっぱい!

自分でできることはなんとかしましたが、残念ながら間取りの変更は私1人では無理でしたw

これから家を購入される方、リノベーションする方、よく考えましょう。

こうすればよかったということは必ず出てきます。

自分でできる範囲なら対処できますが、間取りの変更は難しいです。

家族の動線に合わせてどこに何を収納するのかということを考えながら間取りを決めましょう。

生活に便利な間取り【解説と対策】

私が家を購入してから気づいた「こうすればよかった」というポイントです。

家の購入を検討している方は参考にしてみてください。

また、次のセクションでは解説と私のようにすでに家を建てている人や賃貸の人へ、私が実践しているアイデアも一緒に紹介したいと思います。

玄関にクローゼットを作る

まず、玄関にクローゼットがあると便利なんです。

特に冬は上着を着て外出します。

帰ってきて上着をリビングのソファにかけている人は多いのでは?

自分の部屋に持っていくのが面倒だからどうしてもそうなってしまいますね。

それは物が使う場所に収納されていないことが原因です。

家の中ではコートは着ないので普段着るコートは玄関に収納するのがベストなんです。

使う場所に収納するという基本ができていると部屋がきれいに保たれるし、使いやすいんです。

普段使うバッグの収納も玄関がベストです。

我が家も、帰ってきて玄関のクローゼットに上着とバッグをしまい、手を洗ってリビングへという動線にしたかったと後悔してます。

間取りが変更できない場合

何も考えずに建ててしまった我が家の対策として、リビングの隣の部屋にラックを置いて上着とバッグをかけられるようにしています。

家族分の上着をかけられるスタイルハンガー

このようにコートとバッグを収納するスペースを確保しておくとリビングはキレイを保っていられますよ。

スペースがない人はリビングに置いてもOK!

その場合は、おしゃれに見えるものを選びましょう。

アイリスオーヤマ スタイルハンガー2WAYタイプ プレミアム 

1人暮らしの人はおしゃれなツリーハンガーならリビングに置いてもとってもおしゃれ。

これなら場所を取らないので助かります。

あとは、たくさん収納はできませんが、玄関の壁にかけるという方法もあります。

これは玄関の見た目がごちゃつくかも…と思い、私は隣の部屋にラックを設けることにしました。

戸建ての場合、各階に掃除道具スペース作る

これは本当にあると便利ですね。

掃除をしようと思っても1階もしくは2階にしか掃除道具を置けなかったらやる気も失せます…。

残念ながらうちには2階にしか掃除道具入れを作らなかったので後悔。

なんでもっと良く考えなかったのか…。

家についてもっと調べておかなくちゃいけなかったですね。

このころは間取りの重要さに気づいていませんでした

間取りが変更できない場合

対策としてウチはロボット掃除機を1階で使うようにし、2階に掃除機を置いています。

私が病気になってから掃除機をかけるのが大変になりロボット掃除機を購入したんです。

娘とD様が2階で掃除機を使っています。

たまに1階のロボット掃除機がかけられないソファの下とかを娘がかけてくれます^^

ロボット掃除機は収納しなくても白いし、おしゃれに見えるのでそれほど気になりません。

普通の掃除機のように見た目がごちゃごちゃしていないのでリビングにそのまま置いてます。

背が低いものなので特に邪魔な印象はないですよ!

電動モップと並べて置いています。

キッチンにゴミ箱を隠すスペースを作る

キッチンとリビングが繋がっている家は多いと思いますが、生活感丸見えのゴミ箱が見えてしまうのはちょっと…。

ゴミ箱を隠しておけるスペースがあるとスッキリしていいと思います。

すぐにポイッと捨てられて、且つ目隠しできるスペースを確保したいですね。

ゴミ箱が入るスペースを確保したらキッチンはだいぶスッキリすると思います。

間取りを変更できない場合

対策として私はチェストをリビングとキッチンの間に置いてごみ箱を目隠ししています。

ちなみに、キッチンにおすすめの便利なゴミ箱を紹介した記事があります↓

参考までに^^

生ゴミ用ゴミ箱

脱衣所と洗面所をわけた間取りにする

脱衣所と洗面所を分けるという間取りは子供が成長してから思うことですね。

誰かがお風呂に入っているときに洗面所で手を洗うというのは家族でもやっぱりイヤではないでしょうか。

年頃の娘がいるので特にそう思いますw

そこで対策は…ないんですよねぇ。

いいアイデアが見つかったら書きたいと思います。

ランドリールームを1階に作る

そして、洗濯物を干すスペースを1階に作ること。

洗濯物を干す場所は洗濯機から近いのがベストです。

梅雨時や秋の長雨の時期は部屋干しの機会が多くなります。

1階にスペースをとっておくと洗濯がラクです!

そのため、洗濯をして、干して、たたんで、しまうところまで一部屋でできるランドリールームがおすすめ。

「しまう」については次のセクションで説明しますね。

また、前セクションの「洗面所と脱衣所をわける」の続きになりますが、洗面所はランドリールームに作ると便利です。

洗濯でつけおき洗いなど水を使うことが多いのでランドリールームに洗濯機を置き、洗面所を作ると使いやすい間取りになるのでは?

間取りを変更できない場合

晴れた日は洗濯物を外に干す人は多いと思います。

洗濯物は水を含んでいるととても重いです。

すでに家を建てて住んでいる方は、老後のことも考えると2階のベランダだけでなく1階の外に干せるようにしたほうがいいかもしれません。

庭にスペースがないという家には1階の外壁に洗濯物干しを取り付けておいた方がいいですよ。

後々あってよかったと思う時が来そうです^^

私も以前は2階のベランダに干していましたが、リウマチになってから階段の上り下りが大変で1階に変更しました。

ウッドデッキに洗濯物を干すスペースを作る

今は1階のウッドデッキに干しています。

ちょっと狭いですけど…w

ウチのウッドデッキはYKKのリウッドデッキ。

ウッドデッキで洗濯物を干すと手すりがあるので目隠ができておすすめですよ。

これのおかげで洗濯がだいぶラクになりました。

このウッドデッキは人工木で腐る心配もなく、メンテナンスが楽ちん。

色も4色から選べて自宅に合う色を探すことができます。

ウッドデッキは自分で設置できるものですが、男性でないと厳しいかも…。

我が家はD様が設置してくれましたが、業者に頼むという手もあります。

また、雨の日に洗濯物を部屋干しをする時は、基本はお風呂の乾燥機能を使っています。

そして、外干ししていて突然の雨が降ってきた時は洗濯物が乾き切っていないことが多いです。

そういう時は、洗濯物を取り込んでリビングの隣の部屋に干しています。

この部屋の前にウッドデッキがあるのですぐに取り込めるし、出すのも簡単。

洗濯機からも5歩くらいで行き来できる環境です。

そのため、家事で一番洗濯が楽ですw

ランドリールームを作ると1部屋使うことになりますが、リビングに干すと湿気が酷くなるし、見た目もイマイチですしね。

リビングはスッキリ快適に過ごす部屋として確保したいところです。

タオル

ファミリークローゼットを1階に作る

そして、ランドリールームの中にファミリークローゼットを作ると使いやすくなります。

前セクションの「しまう」をランドリールームでできれば洗濯がすべてランドリールームで完結するんです。

お風呂場で使う下着やパジャマ類はお風呂場の近くに収納するのが使いやすい収納です。

こうして、使う場所の近くに収納すると生活がラクになりますよ。

間取りを変更できない場合

残念ながら私が家を建てた時にはそんなこと何も考えていなかったので、ファミリークローゼットに代わるスペースがなく…。

DIYが得意な人は手作りしてもいいかもしれません。

写真のように1階の部屋のコーナーに自分で作るという方法もありますね。

以上、私が間取りで気づいた点はこれくらいです。

こう考えると、間取りって大事だと思いませんか?

ぜひ、建てる前に細かく検討することをおすすめします。

補足:掃除がラクになるフロートトイレ

トイレは間取りとは関係ありませんが、間取りと同じで最初が肝心なのでぜひ掃除が楽ちんなフロートトイレをおすすめします。

フロートトイレとはトイレが床についているのではなく壁についています。

そのため、クイックルワイパーがスイスイです!

快適な生活を送るためには家事のやりやすさを考えた家づくりをしましょう。

掃除がラクになるアイテム
  • トイレはフロートトイレにする

家事を楽にするのは間取りが大事 まとめ

今回は家事を楽にするのは間取りが大事ということについて書いてみました。

私は【家事を楽にする】ためにある程度改善してきましたが、間取りだけは変えられないので、リノベーションしかないかと思う今日このごろです^^

少ないリスクで住宅の購入や、リノベーションする方法を知りたいという方は「ゼロリノベ」で無料のオンラインセミナーを開催しています。

ちょっと覗いてみるのもいいかもしれません。

また、中古物件を購入して使いやすい間取りにリノベーションする方法もアリですね。

ゼロリノベはこちら