洗面台の掃除がめんどくさい…すぐに掃除する気になる2つの法則

洗面台は掃除してもすぐに汚れるのよね。

やっても意味ない感じ…

わかる!

掃除したそばから汚れるんだよね。

すぐに掃除できる環境にするのが大事かも!

洗面台は毎日使うところなので汚れやすい場所です。

汚れやすいところをキレイに保つにはすぐに掃除ができるように何も置かないのが鉄則!

でも洗顔フォームやハンドソープなど置く物がいっぱいですよね。

今回は洗面所の掃除がすぐにやる気になる方法を書いてみたいと思います。

カビが生えやすいところはカビを生やさないように予防することでキレイを持続できます。

そのため、濡れた洗面台を気づいた時にすぐに拭き取ることができればカビや汚れがつきにくくなるんです。

この記事はこんな人におすすめ!
  • 洗面所の掃除が嫌い、めんどくさい
  • 洗面所の掃除はやってもすぐに汚れるから意味がないと思っている

洗面台の掃除が嫌いな理由

以前は洗顔フォーム、ハンドソープ、クレンジングとたくさん置いてありました。

しかもダンナ様と別な物を使っていたのでごちゃごちゃです。

それらをどかして掃除するのが本当にめんどくさかったんですよね。

だから全然掃除しなくてカビやメイクの油汚れが…

しかも、ボトルの下にはぬめり…

汚いのも苦手な私は仕方なく掃除することに。

そんな掃除の仕方でもキレイになったと思った途端、すぐに家族が使い水が跳ねて悲しい結末でした。

掃除する気にもならないですよ…

掃除の意味ないじゃん!と思いました。

そこで考え方を変えたんです。

すぐに汚されるならすぐに掃除できるようにすればいいんだ。

すぐに掃除するには物があると邪魔でやる気が起きない。

物が置いていなかったらサッとすぐに拭ける。

掃除の妨げになっていたのは「物が置いてあるから」とわかってから、壁を利用して全て浮かせて収納することにしました。

洗面台をすぐに掃除する気になる2つの法則

洗面台をすぐに掃除する気になる法則は2つ。

  1. 洗面台に物を置かないようにする
  2. 自分が洗面台を使う時に跳ねた水滴を拭く

この2つを守ればキレイな洗面台を維持できるようになります。

①洗面台にものを置かないようにする

物が置いていなければ跳ねた水滴をサッと拭き取ろうという気になりませんか。

めんどくさがりの私もこの方法でキレイを持続しています。

物を置かないようにするには浮かせる収納にすること。

マグネットが使える場所ではマグネットを使った収納がオススメです。

うちにはマグネットが使えるところがないので壁に穴を開けてウォールシェルフを取り付けました。

そして、100均で購入できるパンチングボードにフックを取り付けて収納を作りました。

これでだいぶ収納力が上がったんです。

そして洗顔フォームやハンドソープは鏡の裏側の収納を利用しました。

ここに液体を収納する時は、以前コラムの冷蔵庫掃除で紹介した汚れ予防をしておくことが大事!

▼液体を収納するときの汚れ予防はこちら

②自分が洗面台を使うときに跳ねた水滴を拭く

洗面台の上に置いていた物は全て宙に浮きました。

これならサッと水滴を拭くことができてめちゃめちゃ楽ちんです。

準備が整ったので自分が洗面台を使うときに最後にサッと水滴を拭き取りましょう。

そうすることでカビと水垢の予防ができます。

例えば、自分が顔洗う時、手を洗う時、歯を磨く時。

洗面台は使うたびに水が跳ねるものです。

自分以外の人に強要するのは良くないので、自分が使うときに拭き取るだけでも充分予防ができます。

私が実践している洗面台の掃除方法

浮かせる収納にしてからは毎日自分が使う度にタオルで拭いているので水垢もカビもあまり生えないですよ!

洗面台の掃除道具と掃除の頻度

水滴を拭くタオル(洗面台を使う時)

毎回、洗面台で手を洗ったあとや歯磨きの後に、タオルでさっと拭くだけです。

これは掃除というより汚れ予防です。

これだけで水垢とカビを予防できます。

水垢やメイクの油にメラミンスポンジ(週に2回)

洗面台がザラザラしていたら水垢です。

他にメイクを落とす時に油が洗面台につきます。

水垢は毎日水滴を拭き取っているとあまりできませんが、毎日メイクをしていればメイクを落とす時に油の汚れが洗面台についてしまいます。

でもこれらはメラミンスポンジで洗面台を擦るだけキレイになります。

メラミンスポンジを水に濡らして擦るだけです。

ついでに鏡も掃除します。

メラミンスポンジで鏡の水垢を落とし、タオルで拭き取るだけでOKです。

鏡のウロコ汚れがひどい場合はクエン酸で一度しっかり落としましょう。

そうすれば定期的にメラミンスポンジでこするだけでキレイになります。

ウロコ汚れの落とし方

カビが生えてしまったら強力カビハイター(月に1、2回)

カビが生えたら強力カビハイターで解決します。

排水口の部分にピンクカビが生えてきたら強力カビハイターをシュッと吹きかけて15分後に流すだけです。

洗面台の上のほうに空いているオーバーフローの穴にもシュッシュッと吹きかけます。

排水溝は…掃除しないのに臭くない不思議

実は私は排水溝の掃除はしないんです。

みなさんパイプユニッシュとかパイプ洗浄剤をかけて水を流したりしていると思います。

以前塩素系や酸素系の漂白剤を使って掃除していましたが臭いがなかなか取れなかったんです。

試行錯誤した結果、こうなりました。

私は衣類やタオルの漂白を洗面台でやっています。

漂白が終わって溜めたお湯を流すと漂白剤が排水溝に一気に流れて排水溝をキレイにしてくれるんです。

この方法で漂白してからは排水溝の掃除をしなくても臭くなりません。

変に塩素系の洗剤を流すより臭いはしっかり落ちます!

漂白しながらの”ながら掃除”で排水溝の臭いとはサヨナラしました。

タオルを漂白する頻度は月に1度くらいです^^

▼排水溝の掃除と衣類の漂白のやり方はこちらの記事で書いています。

まとめ

今回は洗面台の掃除をやる気にさせる方法を紹介しました。

浮かせる収納にして、使う度に水滴を拭き取る!

この2つを実践するだけでキレイを維持できます。

物がなければ拭く気になりますよ!

ズボラな私が実践済みです。