【ロボット掃除機】が通りやすい部屋作り。大切な3つのポイント

カーペットがめくれちゃうのよね…

物をどかさないといけないし。

うちはロボット掃除機が通りやすいように部屋を変えたの。

ロボット掃除機は便利ですが、向いていない部屋で使うと逆にストレスに。

せっかく買ったロボット掃除機なのに物をどかしたり、隙間が掃除できていなかったりと残念な結果になってしまう人も多いようです。

ロボット掃除機の便利な点を最大限に活かした部屋に変えるとデメリットをカバーできますよ。

今回はロボット掃除機の通りやすい部屋作りの3つのポイントをお届けします。

ロボット掃除機が通りやすい部屋にするということは自然とスッキリとした部屋になるんです。

気持ちがいいですよ!

この記事はこんな方におすすめ!
  • ロボット掃除機にしたのにメリットをあまり感じない
  • ロボット掃除機がよく止まって困る
  • ロボット掃除機に向いている部屋作りを考えている

ロボット掃除機が掃除しやすい部屋

ロボット掃除機が自由に動き回れる部屋は「物が少ない部屋」「段差があまりない部屋」「狭い隙間がない部屋」です。

ポイント1.物が少ない部屋

そうは言っても生活していればどうしても必要な物がありますよね。

床に置くものは移動するのが面倒にならないように最低限のものだけにしましょう。

ロボット掃除機のために物をどかすという作業はかなりのストレスです。

物が少ない部屋にするアイデア
  • ゴミ箱をなくして「どこでもゴミ箱」に変える
  • 床に置いてあるマガジンラックをウォールラックに変える
  • 家電のケーブルをフックにかけるよう普段からまとめるようにする
  • 床に置いてある大きい観葉植物は小さめに物にして家具の上に置くようにする
  • ダイニングチェアをダイニングテーブルに乗せられない場合はダイニングテーブル&チェアをやめてリビングダイニングテーブルにする方法も
  • おもちゃ類は大きいボックスにまとめる

私は、ロボット掃除機が通りやすいように部屋にゴミ箱を置くのをやめました。

100均で購入できる「どこでもゴミ袋」に変えたんです。

テーブルや机などにシールで貼り付けられるビニール袋のゴミ箱です。

100均で購入できます。

また、マガジンラックなどを置いている家庭もありますが、できれば壁にかけられる物がおすすめです。

ディアウォールを使った収納なら地震対策になもなるのでいいかもしれません。

壁を傷つけないので賃貸でも安心です。

それからよくあるのは家電のケーブルを抜いてそのまま床に垂れ下がっている家。

以前の私がそうでしたw(めんどくさがりでしたので💦)

今はケーブルをフックにかけて床につかないようにまとめる収納にしました。

▼こちらは簡単なケーブル収納の記事です

床に大きい観葉植物を置いている家もあると思います。

緑が部屋にあると自然とリラックスできるのでなくしたくはないですね。

少し小さめの観葉植物にして家具の上に置くようにすると移動する手間が入りません。

さて、ダイニングテーブルとチェアですが、悩むところですね。

毎回椅子をテーブルの上に乗せる作業があります。

意外と重い椅子。

私はそれも大変だったのでダイニングセットを処分したんです。

今は低めのリビングダイニングセットに変えました。

そのため、ロボット掃除機が動き出しても移動する物がありません。

ロボット掃除機が予約時間に動き出しても私はこうやってブログを書き続けることができるんです。

しかもダイニングセットをなくしたら部屋が広くなって気持ちがいい!

他に、小さいお子さんのいる家庭はおもちゃが床に散らばっているかと思います。

一時的におもちゃをまとめて入れられる大きいストレージボックスがあると便利です。

ポイント2.段差があまりない部屋

段差があるとロボット掃除機が止まる可能性があります。

ロボット掃除機が止まると自分で回復してくれないのでストレスですね。

そうならないようにできるだけ段差のない部屋にします。

段差のない部屋にするアイデア
  • カーペットやラグ、置き畳をなくす、もしくはロボット掃除機対応のカーペットにする
  • めくれないようにカーペットやラグの周りを全て両面テープでつける

2cmくらいの段差は越えられるロボット掃除機がほとんどですが、カーペットなど越えられずに下にもぐって止まることも。

カーペットの周りを全て剥がせる両面テープで留めて動かないようにするのもアリです。

私はカーペットをなくすことも考えましたが、冬はやっぱり寒いので、パナソニックの「かんたん床暖」にしました。

このかんたん床暖はかなり優秀です。

ロボット掃除機がスムーズに上がれるように段差部分が傾斜になっているんです。

購入してから3年くらいですが両面テープで止めていないのに、これまで1回もめくれたり止まったりしたことがありません。

その上、夏は涼しく冬はあったかい。

それまでは夏はイグサのラグに変えていたんですが、かんたん床暖にしてから変える必要がなくなりました。

やることが一つ減ってご機嫌です^^

置き畳は硬いのでめくれたりもぐったりしませんが段差部分のゴミを吸い取る吸引力が必要になり、きちんと掃除しきれないことも。

しっかり掃除するにはやはり段差はないほうがいいです。

ポイント3.狭い隙間がない部屋

ロボット掃除機が入れないくらいの狭い隙間をなくします。

狭い隙間があると掃除ができない部分が出てきてしまいます。

掃除ができていないとなんか気になるんです。

自分でホコリを取らないといけなくなります。

隙間をなくすか、ロボット掃除機が入れるくらいの空間を作るか…。

狭い隙間がない部屋にするアイデア
  • 家具と床の間の隙間をロボット掃除機が通れる高さのものにするか、隙間を全くなくすか検討する

ベッドやソファなど床との間に隙間がある家具はロボット掃除機が通れる高さが空いているのがベストです。

椅子の高さは床から12cmくらい空いていれば大体のロボット掃除機は入ります。

もしくは隙間が全くないものならホコリが入りにくくていいですね。

その場合は月に1回くらいは掃除機でソファの下を掃除したほうがよさそうです。

うちのソファは床との間にロボット掃除機が入らない隙間がありました。

でも足が取り外しできたので外して隙間を埋めることに。

ソファの下を月に1回くらい掃除機をかけますが、やっぱり多少ゴミが入るので今は足付きのソファを検討中です^^

家具の買い替えは高額なのでなかなか難しいですが、ストレスのない環境を求めるのであれば家具はロボット掃除機が入る高さのものを選んだほうがいいですよ。

【ロボット掃除機】が通りやすい部屋作り3つの法則まとめ

今回はロボット掃除機の通りやすい部屋づくりについて書いてみました。

ロボット掃除機に向いている部屋は「物が少ない部屋」、「段差があまりない部屋」、「狭い隙間がない部屋」です。

この3つのポイントを押さえていれば快適な生活が送れますよ。