【スニーカー】【上履き】洗濯機で洗いたくない!簡単に洗う方法は他にもある?!

スニーカー洗うのめんどくさい。

上履きも同じですね。

子供の頃からめんどくさいと思っていました。

スニーカーや上履きって洗ってもキレイにならないのよね。

洗濯機に靴を入れるのは抵抗があって手で洗ってるの。

わかる!靴専用の洗濯機が欲しいくらい^^

実はスニーカーや上履きをラクに洗ういいアイテムやサービスがあるので紹介するね。

洗濯機で洗いたくても上履きを洗った洗濯機で服を洗いたくない…

そう思うと手で洗うしかない…

娘の上履きも手で洗ってきましたが、大きくなってからは使い捨てにw

汚れがひどくなったら捨てて新しいものに変えていました。

でも、最近はスニーカーや上履きを簡単に洗う専用の洗剤があるんです。

それに靴専用の便利な小型洗濯機もあるので紹介しますね。

便利なサービスも一緒にお届けします。

この記事はこんな人にオススメ
  • スニーカーや上履きを洗うのがめんどくさい
  • スニーカーや上履きを洗ってもキレイにならない
  • 洗濯機で洗うのは抵抗がある
  • スニーカーを早く乾かしたい

スニーカーや上履きを洗うのが嫌いな理由

子供の頃から上履きを洗うのが嫌いだったんです。

親に自分で洗いなさいと言われて洗っていましたが嫌でしょうがなかったです。

トイレに行った靴を手で持って洗うのがどうしても汚くて嫌だったんですよね。

洗ってもなかなか汚れは落ちなくて。

大人になって娘の上履きを洗うようになり、また嫌な経験をw

でも服を洗う洗濯機で靴を洗うなんてできない…

と、靴を洗うのが嫌いな私ですが、最近は便利なアイテムやサービスがたくさん出ています。

汚れないように予防するアイテムも。

私が実践しているのは靴専用洗剤でつけおき洗いです。

大好きな”ほったらかし”てキレイになる嬉しい洗い方w

スニーカーや上履きを簡単に洗う方法は他にもあるので参考にしてみてくださいね。

スニーカーや上履きを洗う回数を減らす2つのコツ

簡単に洗える方法があったとしてもできるだけ洗う回数は減らしたいです。

そこで靴を購入後、キレイな状態で汚れ予防をしておきましょう。

オススメの汚れ予防法を紹介します。

購入後すぐに防水スプレーをかける

購入後、すぐに防水スプレーをかけておきます。

予防すれば靴を守ってくれるので汚れはひどくなりません。

防水スプレーには2種類あります。

フッ素

スニーカーや上履きにはフッ素系が向いています。

布全体をバリアするのではなく細かい繊維の1本1本をコーティングして防水してくれます。

そのため通気性が確保され。靴の中が快適な状態に保たれます。

シリコン系

持続性がありますが、皮製品に使うと色が変わるので使用しないようにしましょう。

通気性が必要ない傘やレインブーツに使用するのがオススメです。

ゴム部分のみ消しゴムでこすって落とす

靴の汚れは底と廻しテープ(靴の周りのゴム部分)の部分がほとんどです。

ちょっと汚れてきたかも?と思ったら、廻しテープの汚れを消しゴムで落とすだけで充分キレイに見えます。

白いスニーカーは特にここの汚れを落とすだけで見た目が全然変わります。

しばらく洗わなくて大丈夫ですよ^^

スニーカーや上履きを簡単に洗う方法

汚れ予防や廻しテープのお手入れをしてもやっぱり長い間履いていれば汚れてしまいます。

スニーカーや上履きを洗う場合、簡単に洗う方法を紹介しましょう。

専用の洗剤に漬けてつけ置き洗いする

靴専用の洗剤を使うとつけ置き洗いだけでキレイになります。

頑固な汚れはブラシでこする必要がありますが、通常の汚れであれば漬けているだけでキレイに落ちますよ。

スニーカーは楽ちんでおしゃれだから私は大好きでよく履きます。

洗う方法はいつもつけおき洗いです。

何しろ私が大好きな”ほったらかし”でキレイなるところがとっても便利!

めんどくさがりの私は紐もそのまま外さずに入れちゃいますけどちゃんときれいになるんですw

私と同じズボラさんはぜひ^^

■洗い方

  1. スニーカーや上履きのホコリ、砂などを払います。
  2. バケツに40度くらいのお湯を入れて適量の洗剤を溶かし靴を30分くらい漬ける
  3. 汚れが気になるところはブラシでこすり、お湯で洗い流す

靴が洗えるミニ洗濯機を使う

自分で洗うのも普通の洗濯機で洗うのも嫌という方は靴専用の小型洗濯機を使うという手もあります。

脱水機能までついていると便利ですが、大きさの問題があります。

置き場所に困るくらい大きいと逆にストレスに。

小型洗濯機なら自分で洗わなくていい上に、普通の洗濯機で洗うわけでもないのでかなりストレス軽減されるのではないでしょうか。

余談ですが、実は私も靴用の洗濯機を購入しようと思って探しています。

今はつけおき洗いをしていますが、脱水は普通の洗濯機なんですよね。

キレイに洗った後なので別にいいのですができれば靴専用に欲しいかも…って思っています。

決め手に欠けるのでまだ購入していないんですが…

購入を決めるポイントはコンパクトに折りたためることと脱水できること。

残念ながら靴を洗ういいものが見つからないんです。

マスクやペット、赤ちゃんの服など小物を洗う小型洗濯機でおしゃれな折りたたみ式があるんですが、靴を洗えるものはそこそこしっかりしていないといけないので、なかなかおしゃれなものが見つからないんです。

しかも脱水付きとなるとなかなかないですねw

いいものを見つけたら購入しようと思っているので使用感とかもこちらで報告できたらいいなと思っています。

■洗い方

  1. 紐、中敷など外せるものは全て外し、ホコリや砂を落とす
  2. 靴専用洗濯機にお湯を入れて洗剤を溶かす
  3. 靴を入れてスタート

洗濯機で洗う

洗濯機で洗うのは抵抗があるという方とても多いです。

私もその1人で、洗濯機で洗ったことは一度もないんです。

だからあまりオススメしませんが、靴専用のネットに入れて洗濯すれば気持ち的には違うのでは?

洗濯機も靴も傷めずに、自分で洗わなくて済むところはメリットだと思います。

ただ、全てパーツを取り外したり、汚れの砂や泥を取り除いて予洗いしたりと事前準備は変わらず手間がかかります。

■洗い方

  1. 紐、中敷など外せるものは全て外す
  2. 軽く予洗いをする
  3. 靴をネットに入れてから洗濯機に入れる
  4. 洗剤を入れてスタート

靴専用コインランドリーを使う

靴専用のコインランドリーが近所にある場合は利用してみるのもアリですね。

費用はかかりますが、自分で洗う手間がないのはありがたい!

自分のうちの洗濯機で洗わなくていいのも嬉しいポイント。

乾燥は別コースになりますが、そこまでできたら理想的ですね。

天気がいい日は洗濯まででも充分手間が省けます。

コインランドリーの料金と金額は大体同じくらいだと思います。

参考にしてみてください。

コース時間料金
洗濯20分200円
乾燥20分100円

靴クリーニングを利用する

靴専門のクリーニングサービスKutoon Washがあります。

全国どこでも受け付けてくれるのも嬉しいポイントです。

往復の送料がかかりますがスニーカーや上履き以外の靴全て洗うことができるので便利です。

手作業でキレイに洗ってくれるので、大事にしているスニーカーなど、丁寧に仕上げたい方には特にオススメです。

宅配となると時間がかかりそうなイメージですが、送ってから2営業日で返送される素早い対応。

上履きは夏休みなど長い休みに入ったら便利に利用してもいいのではないでしょうか。

費用がかかる面を除いてはメリットはとても大きいです!

スニーカーや上履きを早く乾かす方法

スニーカーや上履きは厚手の布なのでなかなか乾かないのもストレスです。

天気があまり良くなくて洗っても乾かない時などあります。

「明日履きたいのに…」と困ってしまいますね。

しっかり乾かして履きたいものです。

早く乾かすコツを紹介しますね。

洗った後洗濯機で脱水をかける

靴を洗った後、洗濯機で脱水すると早く乾かすことができます。

キレイに洗った後の靴であれば洗濯機に入れて脱水してもいいのでは?

早く乾燥させるにはこれが一番いい方法です。

脱水時にバスタオルを一緒に入れて脱水するとさらに水分を飛ばすことができます。

バスタオルを入れるのが嫌だという場合は洗濯ボールを入れて脱水すると早く乾かすことができますよ!

洗濯ボールは洗濯物を早く乾かすことができるので靴にも使えます。

新聞紙を詰める

新聞紙を詰めると新聞紙がスニーカーや上履きの水分を吸い上げてくれるので早く乾きます。

靴専用乾燥機を使う

急な雨で靴が濡れた時などにも使える便利な靴用乾燥機

こちらのタイプはお手頃価格なのに靴下やスリッパにも使えて便利です。

しかもコンパクトなので場所を取らずに収納できて助かります。

靴を洗っても天気がイマイチな場合はこれを使って乾燥させれば次の日に履くことができますよ。

洗濯機を使わずに簡単にスニーカーや上履きを洗う方法 まとめ

今回はスニーカーや上履きを簡単に洗う方法と早く乾かす方法を紹介しました。

面倒な作業はできるだけラクにしたいですね。

自宅の洗濯機を使わずにラクに仕上げる方法は意外とあるんです。

専用のサービスも利用しながら自分に合った洗い方を探してみてくださいね。