【洗濯のQ&A】黄ばみ黒ずみ臭い…困っていることまるっと解説

毎日出る洗濯物。

洗濯は洗濯機がやってくれるのでラクなのですが、実際に乾いた洗濯物に満足がいかない人が多いです。

柔軟剤使っているのにいい匂いにならないの。

漂白剤使っているのに白いタオルの黒ずみや黄ばみが取れないし。

洗濯のやり方や使う漂白剤の種類、使い方に問題があるかも!

今回は洗濯に関するQ&Aを紹介します。洗濯の洗い上がりに関する「なんで?」を解説していきたいと思います。

いろいろ調べたら私も納得いかなかったことがスッと腑に落ちましたよ。

今では毎日白くていい香りの洗濯物に囲まれています。

この記事はこんな悩みにオススメ
  • 漂白剤を使っているのに白くならない
  • 洗濯した後なのにいい臭いがしない
  • 洗濯した後はいい臭いなのに使うと臭い

洗濯に関するQ&A

洗濯は毎日しているのに乾いた洗濯物はいい匂いがしないとか白くならないなど、洗い上がりに納得がいかない人は多いです。

いろいろな洗剤や柔軟剤を試している人は多いのではないでしょうか。

「洗い方などの細かい事が良くわからない(いつも洗濯機のお任せコースでやってる) これで本当にいいのかと疑問に思う事はある」(30代/男性)

「いろんな洗剤があるが、どれも納得のいく洗浄力が無く、CMみたいに綺麗に汚れが落ちきれていない」(40代/女性)

「下洗いをしないと臭いのひどいものは洗濯機で回すだけでは落ちない」(40代/女性)

「食べこぼしなどのシミが落ちていなくてガッカリすることがある。」(40代/女性)

株式会社アスマーク 洗濯に関するアンケート調査

私もその1人で、せっかく洗ったのにいい匂いがしない…汚れが落ちていないと、いろいろな柔軟剤を試したり漂白剤を使ったりと悩んでいました。

調べてみたところ、使用している洗剤や柔軟剤、漂白剤とは関係のない問題だったんです。

原因は洗濯や乾燥のやり方による菌の発生や漂白剤の使い方の問題でした。

匂いや色の変化に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

Q:洗濯物の臭いが取れないのはなぜ?

A:臭いの原因はモラクセラ菌が排出するフンによるもの

洗って乾かした後、雑巾のような臭いがするときはモラクセラ菌という菌が繁殖してしまったことによります。

モラクセラ菌が排出するフンがあの嫌な臭いの原因です。

モラクセラ菌は水分や皮脂を栄養にして増殖します。

菌自体は臭わないのですが、繁殖する時にフンを排出して臭いが発生します。

モラクセラ菌が繁殖しやすい環境を作っていたから洗濯しても臭いが取れなかったんですね。

ではモラクセラ菌を増殖させない対策を考えましょう。

花王、洗濯後に発生する衣類の悪臭の原因菌を解明

モラクセラ菌はこれまで分離源として報告のなかった身近な生活環境に高い確率で存在し、洗濯後も衣類に残り、雑巾様臭の生成に深く係わっていたことが初めて明らかになった。これにより、洗濯時には汚れだけでなく、このモラクセラ菌を効率的に除去することが大切だということが示唆された。

粧業日報

モラクセラ菌の増殖を予防する対策

  • 汚れた洗濯物を放置しない

汚れた洗濯物はすぐに洗濯をしましょう。

長時間洗濯物を放置していると汗や水分でモラクセラ菌が繁殖してしまいます。

すぐにできない時は濡れたままカゴに入れないことです。

タオル掛けにかけて乾かしておきましょう。

  • 洗濯する時水の量を多めに設定する

自動モードを選択すると便利ですが、汗や皮脂汚れが落ち切れていない場合があります。

水を少し多めに設定し、すすぎの時間を増やすなどしてしっかり汚れを落とします。

汚れが残っているとそこからモラクセラ菌が繁殖していきます。

  • しっかり乾かす

洗濯後すぐに干すようにしましょう。

湿った状態が長いとモラクセラ菌がどんどん繁殖していきます。

そして乾ききらずにしまってしまうのもNGです。

脱水を長めに設定したり、梅雨時期はコインランドリーの乾燥機を利用するなどしてしっかり乾かします。

モラクセラ菌は60度以上の熱で死滅します。スチーマーを利用するというのもアリですね。

  • 洗濯槽の掃除をする

月に1度洗濯槽クリーナーで掃除をしましょう。

カビが衣類に移りカビの臭いを発生している可能性もあります。

Q:洗った後のタオルはいい匂いなのに使うと臭いのはなぜ?

A:1度繁殖したモラクセラ菌を落とし切れていないため使うときに水分や皮脂を含み再び菌が活性化する

洗い立ての香りはいい香りなのに使うと臭い…という経験をした人は多いと思います。

1回菌が繁殖するとなかなか普段の洗濯では落とし切れません。

タオルを使うときに温度、水分、皮脂で再び菌が活性化しフンを排出、臭いが発生してしまうんです。

しつこいモラクセラ菌対策

粉末の酸素系漂白剤を通常の洗濯に追加してみましょう。

それでも臭う場合はぬるま湯に粉末の酸素系漂白剤を溶かし30分つけ置きして菌を死滅させます。

その後いつも通りの洗濯をすればOKです!

Q:キッチンの台ふきんを洗っても臭いが落ちないのは?

A:長時間水分を含んでいてモラクセラ菌が繁殖しやすい環境だから

台ふきんは家の中で最も雑菌の繁殖しやすい場所です。

キッチンのタオルや食器用ふきんも同じく常に水分を含んでいる状態に近いため、モラクセラ菌の増殖を防ぐのはかなりハードルが高いです。

台ふきんのモラクセラ菌対策

基本は毎日、最後に殺菌力が高い塩素系の漂白剤につけ置きして除菌しましょう。

そして他の洗濯物と別に洗うようにします。

一緒に洗うと他の洗濯物にモラクセラ菌が移ってしまいます。

ズボラな私は毎日漂白するのはちょっと無理でした…💦

そこで私はキッチンの台ふきんをなくすことに。

代わりに使っているのはカビキラーの食卓用アルコール除菌です。

これはもう5年くらい愛用していますが、便利で清潔で言うことなしですね。

台ふきんのくさい臭いとはサヨナラです^^

ちなみに食器用ふきんも使っていません。

お皿は自然乾燥で雑菌がつかないようにしていますよ!

仕事がひとつ減って自分の時間になりました。

Q:漂白剤を使っても黒ずみや黄ばみが落ちない

A:漂白剤の種類や使い方が違うかも…

漂白剤の黒ずみや黄ばみは酸性の粉末漂白剤が適しています。

「酸性の粉末漂白剤使っているのに取れない」という方多いと思います。

私もその1人でした。

私は普段の洗濯に酸性の漂白剤を混ぜて洗濯していたんです。

「合ってるじゃん!」と思われた方、違うんです。

1度黒ずんだり黄ばんだりしたものはお湯に酸性の粉末漂白剤を溶かしてつけ置き洗いをしないと取れないんです。

普段の洗濯に酸性の粉末漂白剤を入れるのは色を変化させないようにするための予防なんです。

予防していてもやっぱり何度も洗濯していれば黒ずんできます。

そういう場合はつけ置き洗いをしないと落ちません。

漂白剤を使っているのに黒ずみや黄ばみが落ちない…と、悩んでいる方は使い方と漂白剤の種類を見直してみましょう。

今まで諦めていた汚れも正しい使い方をしたら綺麗な白が戻ってくるかも?

【黄ばみ、黒ずみ対策】酸素系漂白剤の正しい使い方

黄ばみや黒ずみは酸素系漂白剤につけ置きすると落とすことができます。

漂白で最も大事なのは水の温度です。

40度から60度のお湯で漂白すると効果が高くなります。

せっかく酸素系漂白剤を使ってつけ置きしても水では白くなりません。

また、粉末タイプと液体タイプがありますが、漂白効果が高いのは粉末タイプです。

さらに効果を高めたい場合は重曹も一緒に混ぜてみてください。

こまめに効果を確認しながら最初は30分~1時間つけ置きます。

落ちていない場合は、再度お湯の温度を上げて、洗剤を足してみてください。

少しずつ落ちていればこの作業を繰り返すと白くなります。

黄ばみ、黒ずみの落とし方のポイント
  • 40度から60度くらいの温度のぬるま湯に粉末の酸素系漂白剤を溶かす
  • 効果を高めたい時は重曹も入れる
  • こまめに確認しながら30分から1時間つけおく
  • 落ちない場合は温度を上げ、漂白剤や重曹を足す

黒ずみや黄ばみの予防でつけ置き漂白の回数を減らす

白い衣類やタオルの色が変化してしまってから対処するよりも、色が変わらないように普段の洗濯で予防しておくとつけ置きをする回数が減らせますよね。

前述しましたが、予防は簡単です。

普段の洗濯で粉末の酸素系漂白剤を追加するだけで黒ずみや黄ばみを予防できます。

だんだん色が変化してきてしまったらつけ置き洗いをして白いタオルに戻しましょう。

【洗濯Q&A】まとめ

今回は洗い上がりの洗濯物に関する「なんで?」を調べてみました。

嫌な臭いや色の変化は気分が良くないですよね。

臭いが取れないのは洗濯や乾燥のやり方でモラクセラ菌が増殖してしまうため。

漂白剤で白くならないのは使っている漂白剤の種類や使い方の問題です。

私は悩みの原因がわかってからは白くていい匂いの洗濯物に囲まれる毎日を過ごしています^^